投句の方法(facebookメッセージ利用)

●俳句 投句の仕方。

可能であれば、ハガキサイズの紙(A4のコピー用紙を四分の一にカットしても可)に、手書きにて、縦書きで記す。
筆記具は、何でも可。
スキャナがあればスキャナにて。
無ければ、白いA4用紙の上に、ハガキサイズの紙を乗せ、外側の余白も含め、カメラにて撮影し、画像を送付してください。

面倒であればテキストでも構いません。

パソコンが無い方は、ケータイのc-mailでも受け付けています。

*画像加工ができる方は、 幅800ピクセル * 高さ1200ピクセル 解像度200dpiのサイズにて、俳句データをお作り下さい。

*俳句は、キンドル本として出版されるときに、このサイズになります。

送り先
おじゃら りんご宛てに、メッセージで送ってください。
メールだと、いちいち開くの面倒なんでフェイスブックを利用します。
よろしくお願いします。

本になる前に、俳句が表示されても構わない方は、ご自分のタイムラインに入れていただいても結構です。

******* 見本 *********

こんな感じで、影が入らないよう、四角く撮って下さると、

キレイに本になります。(* ゜▽ ゜*)ノ

スマホで大丈夫です。

******************************************

******** 見本-2 *********

俳句は、一枚に一句書いて下さい。

また、俳句ごとに、俳号を書き入れて下さい。

ハンコはつけてもつけなくてもいいです。(* ゜▽ ゜*)ノ

このまま本になります。念のため。

直筆の、(毛筆、万年筆などの、) 手書きの作品集を、電子本で作るという新しい試みです。

肉筆の俳句原稿を、意志を持ち、作り進んでゆきましょう。

俳句は、自由律俳句にてお願いします。