◆◆◆ 1139 ★ 弥生風 ◆◆◆

銅板画作田富幸センセイのサイトはこちら/
今、文房堂のアートスクールで小口木版を教えてくださっている長島 充センセイのサイトができました。

2008.5.6.更新

コラージュ作品の山。

はぁ。この作品は、売れる気がしない。

もう、紙袋イッパイにできてしまう。

作っても作っても良くならない。

でも、止める事もできない。

アトリエから、草間センセイの図録をギャラリーに持ち込んだ。

皆見たいに決まっている。

近代美術館の展覧会の図録は、ホント素晴らしいと思う。

最近値上がり中の弥生ちゃん。

買えないけど、いつも描けそうな気がするため、パクリ品を作る。

左の絵は、網目模様にちなんだ作品。

失敗したカット作品の裏に描画。

油性マジックでアミを描き、色を塗りいれる。

似てねぇ。

図録見ながらパクッているのに、似ないというのがスゴイよなあ。

やっぱ、オトクな才能なんだと思う。

この前、海画廊で見た、チェーン模様に似た柄の作品を作ろうと思ったが、出来たら、こんな作品に。

下には、別な絵を描こうと思って、少し色がついていたこともあるが、ビミョーに似ていない。

赤と黄色、ドットという組み合わせでも、弥生ちゃんに似ないというのがスゴイよなあ。

なんだか、細胞のようで嬉しい。

町歩き途中のカップルさんは、冷蔵庫の上に積んであったこれらの絵を発見し、見たそうだったので解説。

殿方「いやぁ、この絵、いいですねぇ」

オジャラ「パクリ品ですけどね、なんか、似ないんですよね」

殿方「それって、オトクですよね」

笑。

アタシも、イロイロなギャラリーを訪ねているが、こんなに笑えるギャラリーは、そんなにないよなあ。

この作品は、もう一つインチキ。

下書きに、消えるペンを利用。笑。

作家さんがくると、皆さんにも教えてあげる。

「消えるペンは、マルイの8階に、オカダヤが入ってるからさ、そこで売ってるよ」

女流作家さんが多いので、消えるペンが、手芸用品売り場にあるということは、皆さんピンとくるのである。

どうよ、アタリが消えるから、物凄い原画がキレイなのよね。

今までは、黄色い失敗線がどうしても出てしまったのだが、このペンでアタリをつけると、ハーネミューレでも、完全に消え去ってくれる。

それにしても、とうもろこしを食べている絵って、何か間抜けだよね。

おじゃら画廊

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara. 

◆◇◆ 図録になり作品は永遠となる ◆◇◆ オススメの図録リンク ◆◇◆