◆◆◆ 1063 ★ USBあったか手袋 ◆◆◆

銅板画作田富幸センセイのサイトはこちら/
今、文房堂のアートスクールで小口木版を教えてくださっている長島 充センセイの応援サイトができました。

2007.12.

USBあったか手袋というのを、ネットで落札する。

1300円で落札。

送料込みで1900円。

なるほど、暖かい。

他の場所は、防寒具を身につけたり、帽子をかぶったりすれば、暖かいのであるが、パソコン作業が長いということもあり、指先の冷たさだけは、どうにも改善できずにいた。

この手袋だって、そんなに褒められたものでもないが、今まで、指先がかじかんで、作業を中断し、暖房のある部屋で温まったり、お湯で温めたりしながら仕事をしていたことを考えれば、数段、満足のいく品である。

それにしても、年末は忙しかったよなあ。

展覧会が終わったからといって、仕事から解放されているということではない。

バイトもまだ引き続きあるしなあ。

雑誌の表紙や、エッセイの仕事は、今月も無事終了し、来年も引き続くことになった。

どの仕事も、絵ほど描きたいということでもないが、現金収入という意味では悪くない。

絵を売るというのがいかに難しい世界なのかと思わされる。

来年のアートフェアに、どう出展するのかというのを、今から計画しておかなければと思う。

といいながら、アートフェアの情報を検索。

1月と4月かぁ。

どっちもムリってことは良くわかった。画廊業というのは、早めはやめが大切ってことのよう。

1月に神楽坂で開かれる現代アートのアートフェアには足を運びたい。

というか、次は出展したいよなあ。

来る客筋が、現代系だからね。お金(出展料稼がいでおかいと。し

やることのリスト

●にゃんこ大集合展のポストカードを作る(終了)

●にゃんこ大集合展のチラシを作る(調整中)

●来年のスケジュールを仕立て直す

●頼まれごとを完成させる(終了)

●連載エッセイを2本か3本分作る

●来年の請求書(1年分を作る)

●勉強会の請求書を出す

●イラストレーター年鑑のまとめ(終了)

●国際ブックフェアのアレンジ

●年賀状作成(2008年は手書きの予定)

少しずつではあるが、終わりつつある。

とはいいながら、雑誌の表紙やエッセイの仕事というのは、次をまた作らなければならず、終わりが無いもんなあ。

スパムメールも増えて、こちらのメールが到着しているのかどうかも全く不明。

JPアドレスにしようかと、本気で考えるよなあ。

JPは高いのよ。

個展の間中、作品は増え続けた。

まあ、いつものことなんだけれどもね。

小さい作品やてぬぐいなどは、売れたりもする。

新しく出来たイタリア料理店に、絵を飾らせてもらったりもして、会期中とはいえ、絵が随分と入れ替わった。

ゴミのような作品だらけだけどね。

有名にさえなれば、こんな作品でも、結構な値段で売れたりしているのを見るとね、アートって一体何だろうと思うわけ。

「さすが、この格でしたらね」

という話にはならずにね。

どんな絵でもいいんかい?

という筋まで完売。

驚くよなあ。

まあいいかぁ。

「作品が全て」

その言葉を信じて、作り進むまでよ。

アートファンにお勧めするサイト 東京アートビート(Tokyo Art Beat)

おじゃら画廊

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.