◆◆◆ 1014 ★ 新作家展、池田さん@福果  ◆◆◆

銅板画作田富幸センセイのサイトはこちら/
今、文房堂のアートスクールで小口木版を教えてくださっている長島 充センセイの応援サイトができました。

2007.10.16

昨日は、バイトデー。

ギンザ8丁目で置鮎さんの展覧会を拝見。

ギンザのギャラリーをいくつも流しながら、バイト先に戻る。

昨日は、昭和通りから数えて2本目の筋と3本目の筋を攻略。

途中で800円の寿司ランチを頂く。

ミギシファミリーの高級絵画を中心に取り扱う画廊さんや、何でも鑑定団でおなじみの掛け軸のお店などもこの辺り。

どちらのお店にも、当然に入り、作品のオーラを堪能。

ギャラリー巡りは銀座に限る。

青山やなにかにも大量にある感じだけど、ビミョーに見てても安っぽい。

先日チェックした谷中なんかは、値段は安いけど、買うほどでもない。

でもまあ、売れている作家さんというのはいるんだけどね。

画廊業って不思議だよなあ。

目が肥えてくるって、辛いわね。

画廊の方も、アタシが物凄いボロイ服を着ているけど、(しかも、靴には絵の具)作品を丁寧に拝見するので、よほど絵に慣れているに違いないとふんでくる。

そうして、売りつけられるということもなければ、話しかけられるということもなく、こちらもアタマをペコリと下げてドアから外に出るのである。

大分お高いお店にも入れるようになってきたよ。汗。

八木ねえさまからは、秋のご案内が届く。

もう一年も経ってしまったのかと思うと気絶しそう。

六本木組みと、上野組み。

会の規模が違うだけなのだが、集客は、やっぱ、六本木の方がスゴイらしい。

でもまあ、絵の荒れ方はどちらも似たりよったりである。

正しい表現をすれば、団体により、違いがあるということになる。

間違いないことは、大作を毎年作るという創作活動は、描画の技術を向上させてゆくというところかなあ。

新作家展はレベル高いっす。

10月17日から10月31日まで。

会期が少し長くなったのかなあ。

気持ちとしては、上野の方が近くて好感度が高い。

八木ねえさまのお友達、池田由紀子さんからもご案内が届く。

福果での展覧会。

11/5-11/17

福果は、銅版画のお教室から近いこともあって、通れば必ず立ち寄る画廊である。

結構な展示の内容で、毎回楽しめる。

それから、デパートで見たことがあった、ビスクドール展のご案内が届いていた。

おおっ。このお顔を見たら、行かずにはいられないぜ。

ご案内が届くと、やっぱ、行こうかなという気持ちになるよね。

というか、それは、ポストカードの作品を見てどうするか決める。

正直言って、覚えてない場合も多いんだけど、絵を見ると思い出すとかね。

そうして、アタシはやっぱ、右下の子か、左上かなあなどと思いながら、きっと、20マンぐらいするのに、完売しているんだろうなどと類推。

ポストカードには、初日予約券を配布、1人一体に限るなどと書いてある。

これが展覧会というものだぜ。

あ゛あ゛、時間が取れるんだろうか?

アートファンにお勧めするサイト 東京アートビート(Tokyo Art Beat)

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.