◆◆◆ 1013 ★ 大津センセイとの話  ◆◆◆

銅板画作田富幸センセイのサイトはこちら/
今、文房堂のアートスクールで小口木版を教えてくださっている長島 充センセイの応援サイトができました。

2007.10.12

今回の展覧会で、作品を出して下さった、大津先生。

最初は、木村先生のお弟子さんで今は、プロの画家として創作活動をされている。

バブルの頃はデパート系画商がついていて、初日に7割が売れてしまうというような作家さんである。

今日は、デパートでの展覧会の話で盛り上がる。

アタシの絵は、デパート筋ではないのが解っているので、デパートは狙っていない。

どちらかといえば、画廊の筋なのである。(と思いたい)

大津センセイの絵はその逆で、写実といえば写実、完成度の高い、静物や花の絵の存在感は見事である。

椿の絵の、絵の具の一部が剥離していたので、絵を取替えに来てくださった。

今回は、3号の絵にして、6万円という価格に。

今までのは6号で12万円で、いいなと思っても、ビミョーに手が届かないムード。

6万円というのは、お安い値段だと思う。

大津「まあ、画家としてのプライドもあるしね、千住だし、この程度かなあと」

オジャラ「そうですね、安くても売れませんしね。丁度イイ値段だと思います」

という会話。

今日は、なかだえりさんの展覧会の最終日だったので、アタシは、大津センセイに留守番をお願いし、ちょっと見てくることにする。

今回も、新聞やらテレビに取り上げられて、彼女の企画力や、話題作りの面白さというのに感心した。

展覧会というのは、あのように企画するべきなのだ。

ただ絵を描いて有名になったということではない。

画家さんたちと話していると、まあ、自分の絵の話や展覧会の話で目一杯。

あと一歩、展示を工夫したり、もっと他のイベントを巻き込んだりすると話題性がぐっと高まるもんなあ。

早速参考にしなくては。

彼女の展覧会というのは、いつ行っても参考になる。

今日は、作家さんが展示場にいなかったので、少しガッカリした。(展覧会場が3箇所なので、どこかにはいたはずと思う)

まあ、足を運ぶ方としては、そうだよなあ。

収集をしていると解るんだけど、作家さんに会いたいからという理由で展覧会に行く人だって多いもんなあ。

今日は、何人かの人がやはり展覧会を訪ねて下さって、画廊にしてヨカッタなと思う。

5丁目のアトリエと比較すると、駅から近いし、場所は、まあ、解りやすいってことでもないけど、アトリエほど迷宮でもない。

少なくとも一度来れば、二度目は間違えずに来れる。

それだけはあり難い。

ボチリボチリと人は来る様になっているなと感じる。

今日は、昼過ぎから、「MIROの一番星」の原画をアルバムに貼り付けてゆく。

もう退色がはじまっていて、なんか複雑な気持ち。

やはり、水彩絵の具で描くべきだったんだろうか?

などと思いながらも、描いてしまったものは仕方が無いので、考えないことにした。

その後、猫の絵でも描こうかなと思いながらも、人が次々と訪ねてきて、描き始めることはできなかった。

昨日、オットと足立祭りを見に行く。今年は、ブースの数が増えて、人も賑やかだった。

動員としては、エキゾよりも圧倒的に区民祭りの勝利。

それは、見た目でそう感じる。

画廊に流れてくる人というのはいなくて、こんなに人が歩いているのになあという気持ちになる。

それでも、メインストリートの何箇所かに、チラシを置いて、少しは配ることができたと思う。

来週はタートルマラソン。

3000人が走り、少なくとも家族やなんかも入れると、一万人位の人が土手に行く。

また、チラシを置かせてもらおうと思う。

アートファンにお勧めするサイト 東京アートビート(Tokyo Art Beat)

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.