◆◆◆ 1009 ★ 薔薇の絵  ◆◆◆

銅板画作田富幸センセイのサイトはこちら/
今、文房堂のアートスクールで小口木版を教えてくださっている長島 充センセイの応援サイトができました。

2007.10.7

この薔薇の花もついていない薔薇であった。

きっと、抽象画か何かになってしまうのだと思う。

絵というのは、描けば良いというものでもない。

もう少し色調を落として、落ち着いた感じにしてみようかなあ。

などと、絵の出来上がりが大いに不満で、アタシは一体何をしているんだろうという気持ちになる。

そうして、もう売れてしまった、物凄い良く描けた薔薇のことを思い出し、一体どんな差があったというのかも考えてみる。

どちらにしたって、もう少し何とかしないと、展覧会に展示する数が足んないよ。

この薔薇はまあまあ安定感があったと思う。

白い薔薇というのは潔い。

色使いがゴッホ風。

ああ、きっと、ゴッホの絵にソックリですねとか、また言われるんだろうなあ。笑。

似てないと思うけどな。

そうして、薔薇よりも、圧倒的に抽象画の方がよくなっているの驚かされる。

並ぶと、薔薇よりも、こちらの方が力がある。

花の絵も、こちらの方が面白い。

もう昔に戻ることができないのだと思うと、それはそれで淋しい。

この絵が売れるには、まだ時間がかかるので、気持ち的には、去年までのマチエールの作品も、無難に作って、絵の具代を稼ぎたいけどなあ。

そうして、足立の画家・作家展で、参加の方が皆さんで留守番をしてくださるので、本当に助かります。

感謝します。

画廊の方は、儲からないまでも、人件費ゼロで店が開けられて、そんでもって、絵も描けるというのは悪くない。

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.

おじゃら画廊のHP

◆◇◆ 図録になり作品は永遠となる ◆◇◆ オススメの図録リンク ◆◇◆