◆◆◆ 146 ★ 個展に来ていただいた方の話 ◆◆◆

2004.7.6

一番初めに来てくださった方は、銅版画ファンのようで、八百屋さんのチラシを片手に、鼻息も荒くやってきた。(初日の開店一時間前。)

そうして、アルバムに並べられた版画の値段を確認すると、(銅版画は一枚一律2000円)何枚も選んでゆく。

そうして、この作品の白い部分はヌードなのかとか、よく解らない質問をされる。

『この作品はね、恋をし始めた女性が、恋の行方を占ってもらうために、手相を見てもらっているところなんです。』

と説明する。

『ですから、外にいるわけで、白いコートを着て、襟巻きをしています。ヌードの絵ではありません。』

彼女はピンと来ていなかったが、ピンと来ていないのに、この作品を買っていった。

彼女は、この日、大きい天使の版画10000円も含めて、5枚をお買い上げになったのだ。マジっすか?

初日には、銅版画のお教室の竜さんとSさん、それから、モデルをやってくれたK嬢、北千住でデリバリー蕎麦屋をやっている、千住物語のjusinさん夫妻が来てくださった。(→チャリティーへのご協力ありがとうございました。)

しかしそのあとの日は、そんなお客様が大量に来るということもなく、知人や、ご近所でネコ関係の方が、とりあえず何か買ってあげようと、水彩画やウチワを買ってくださった。

(正確には、ウチワは、無料でもらった新聞社のウチワで、絵があまりにもつまらなかったので、自分で描いたのを貼り付けた作品で、売るつもりは無かったのだが、絵がヨカッタので、強引に買っていった方がいたという感じ。)

それから、全く知らない方で、ネットから来たクマタクさんは、作品を全部見た後、すっくと立ち上がり、『バッジはおいくらですか?』

と聞くので、『バッジはお買い上げ頂いたお客様へのサービスですので、非売品です。』

と答えると、『ボク、銅版画買います』と言い出し、アタシは驚いた。

彼は、バッジが欲しいワケだったのではなく、これから会うヤギ姉さまがバッジを欲しがっていたので、お土産にバッジを持っていこうと考えたようだった。理由は何にしろ、バッジをきっかけに、高額商品の販売に成功するアタシ。

オジャラは、何故クマタクさんが、水彩ではなく銅版画を選択したのかがよく解らなかった。

ま、いいか。

銅版画には、手がかかった、銅版画のよさというのがあるしなあ。

彼は、ネコの作品と、初期に作った(アップしてません)macのi-bookの作品のどちらにするのかを長いこと迷って、決意を決めたようだった。

i-bookの作品は、アタシ的には、ちょっと失敗していて、その辺の説明もしたのだが、『やっぱ、こちらにします。キッパリ』と、紫色がにじみ出た小さい作品を持ち帰ったのだった。

そういえば、この作品、前にもそんな人がいたよなあ。クマタクさん、お買い上げありがとうございました。

デッサン会の宇治ッチも利ちゃんと来てくれて、銅版画を買っていった。何故銅版画だったんだろう?

何でなのぉーっ??

Rさん、ワイン差し入れありがとうございました。

日曜日はサスケさん。ビールサンキュー。最近余りにも暑いので、冷蔵庫に入っていると飲んじゃうのよね。キッチンドリンカー画家になる日も近いわぁ。

印象的だったのは、ご町内の有名女流イラストレーターさんが来てくださったことだ。

彼女は、近所のオジサンと、雑貨屋のオヤジに、アタシのアトリエに行くように、しつこく薦められ、あちこちに貼ってあるポスターを見てウチに辿り着いたようだった。(アタシも、何人もの人に、彼女の蔵に行くように薦められたことがあるので、容易に理解できた。)

お名前を書いてもらって名前を確認する。『なかだえり』と書いてある。

なんといっても有名だ。

おお、この人がそうなのか。

しかも、美人の上、巨乳だったのでアタシはもう一度驚いた。この前、彼女の個展に行った時には、激混みだったせいもあり、こんなにスタイルがいいとは気づかなかったのだ。

そんでもって、『貴女の個展を見に行って、こんなに人が来るなら、アタシもやってみようかなと思ってさ』と話すと、『ホントウですか?アタシの個展がお役に立てたんですか?』と苦笑していた。

彼女との話しは、主にアタシが質問し、彼女が答える形式で進んでゆく。気さくな彼女は、イロイロな質問に答えてくれた。

●どうやってあんなに人が来たのか?

●蔵以外でも個展を開いているのか?

●額縁の値段はいくらくらいなのか?

●絵は売れるのか?

●絵の値段は最初からあの程度なのか?

などである。

アタシってば、質問の天才だわぁ。

彼女の場合、初回の個展から、新聞が来て、それに載ったら、テレビや他の新聞なんかもバンバンと来たのだそうだ。

なるほどぉ。新聞かぁ。

そういえば、初日に来てくださったネット関係の地元の方が、『足立ヨミウリなんかに電話してあげようか?』と言ってくださったよなあ。

『今回は、ネット系でどの程度人が来るのか調査したいので、次回でイイっす。』などと答えたもんなあ。損したぜ。

でもまあ、取材が殺到するのは、美人女流イラストレーターだからだよなあ。うん。絵的にねー・・・・。たはは。(負)

そうして、蔵以外では、ギンザやデパートなんかでも個展を開いているが、蔵が一番売れるのだそうだ。

そうなのか。

地元で有名だからなあ。

アタシが個展を開くというと、『あの、蔵の人か?』と必ず聞かれるもんなあ。

『あの人とは別なのよ、彼女は有名なの』と説明するのが大変だったぜ。間違えてあっちに行った人もいるかもしれないし。

絵は、どの位売れるのかという質問に対して、『アタシは売る気マンマンなんで、もうバンバン売れます』

と話してくれた。

取材もバンバン来て、絵もバンバン売れるのかぁ。

アタシに一番欠如しているのは、『売る気』なんだと気づかされた。まあ、実力的には、まだそこまで行ってないのよねー。でも、ゼッタイに、そこまで行くつもり。

そうしたら、新聞なんかにもバンバン載るはずよぉ。今載っても、効率悪いもんねー。なーんて。

ま、アタシが彼女の個展に行ったときには、バンバンって感じじゃなかったけど、アタシと同じ位は売れていた。絵の販売価格が8-10倍位違うから、アタシの10倍は売り上げてるってことになる。

まあいいか。アタシは、彼女の10倍以上は描くのが早いはずなのだ。

薄利多売?

それから、『蔵』については、『アタシは、どーしても、あそこでやりたかったんです』と熱く語ってくれた。

テレビが来たとしても、アタシはあんな風に熱くは語れないわぁ。

新聞『どうして、ここで絵を描いているのかですか?』

アタシ『予算的にココしかムリだったんです』

つー答えじゃなー。もう少し、マスコミ向けのマニュアルも作って練習しないとかしら?

はぁ。

らしくない?

そーよねー。そんなことよりも、もう一枚描く方が、アタシにはメリットあるような気がするわぁ。

そうして最後に、お礼状の話を聞く。余りにもヒマだったので、既にお礼状を書き始めていたアタシ。

彼女曰く、蔵で個展を開くと、残務整理が大変なのだそうだ。

『残務整理って何なの?』

とアタシが尋ねると、

『絵を買ってくださった方に絵を送ったり、お礼状を書いたり』する業務の事なのだそうだ。5月の個展で売れた絵をまだ送りきっていないらしい。????

ふーん。

『アタシの場合、お買い上げ頂いた作品は、その場で持っていってもらうシステムだから、残務整理って無いのよねー。』

『それいいですねー』(笑)と彼女も考えを変えたようだった。

来ていただいた方にお礼状かぁ。

ご近所の人の住所聞いてないけどなあ。(隣とか、前とか・・・八百屋さんとか・・・・)

オマケのポストカードでも送っとくか。あれ、早く処分したいのよねーみたいな感じ。来店数が少ないと助かるわぁ。

ということで、イロイロ勉強になりました。わざわざ足を運んでくださり、ありがとうございました。今後の個展展開の参考にさせていただきます。

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.