◆◆◆ 134 ★ 個展を開くことにする ◆◆◆

2004.5.19

ぼんやりしていると、描いた油絵は既に、60枚を越えていた。

最近アトリエに来た人は、全員が、『イッパイ描いたねぇ』などと、一回りする。

額縁屋のオヤジなどは、『こーいうのをイッパイ描けよ。アンタの絵は、フツーの人は買わねぇからヨォ。』

などと、バラの絵を手に持ち、一般人が飾りやすい絵を描くようにアタシを説得する。

そうして、アチコチ勝手に物色して回る。

猫が縄張りを点検するのに似ている。

先日、同じご町内の有名女流画家さんが、ご自分のアトリエで展覧会を開いていたので行ってきた。

小さい玄関には入りきらない程の靴が並び、展覧会を見るには、並ばなければならない程の人だった。

さっすが、超有名人。

あんなに人が来るのであれば、アタシもやってみようと、ついパクリ体質が顔を出す。

蔵を改造した二階建ての彼女のアトリエは、思いのほか狭くて、展示スペースなら、展示用に改造している、ウチの方が多いかもなあ。ガーデンもあるし。

(ガーデンは、そんなに広くないっすけど、イスとテーブルを出せば、お茶位飲めます。)

どーせ、あんなに来ないだろうけどねぇ。

彼女が個展を開くと、新聞にも載るらしいからなあ。どーやると、新聞に載るんだろう?自推でもいいのかなぁ。新聞とってないからなあ・・・・。はぁ。

今日は、額縁屋に、油絵用の額が特価で出ていたので、早速完成したばかりの油絵を入れて、郵便局に持っていく。

郵便局の人も、版画より、油絵の方が迫力あるので、ウレシそうだった。

そのあと、不動産屋が、パソコン導入の相談に来て、左の絵を見ると、今飾っているのと差し替えたいという話になり、そそくさと持っていってしまう。

良くできた絵は、やっぱ、飾りたいもんなあ。

この絵は、アタシの絵の中では時間かかっているのよね。特に花瓶。3回も上描きして『白』かよっ。

たはは。

不動産屋は、さすがに、来る客の筋が金持ちで、お客様から、『この絵はどうしたのか?』と聞かれることが多いらしい。誰だって、絵は欲しいと思っているけど、なかなか買ったりはできないのである。

油絵が、店内に置いてあるというのは、この辺りでは珍しいことで、今まで掛けてあったローランサンの複製画よりは、かなり存在感が高い。

そうだよなぁ。ポスターよりも、存在感薄い油絵じゃ、描かない方がマシだもんなあ。

個展の開催日は、ボーナスを狙って、ボーナス辺りの日に決定する。

でも、6日は銅版画なので、開催日は7/1-5日までにする。ボーナスって、5日なんじゃないの?

ま、いいか。

不景気だけど、ボーナスって、この世にまだ、存在しているのだろうか?

うーむ。何年も無収入だと、感覚鈍っていけないわぁ。

そんでもって、ポスターでも作ろうと、朝からせっせと作り始める。自分で作れると便利だぜ。

一種類だと淋しいので、何種類か作ることにする。

街を歩いているウチに、イロイロな絵を見なくてはならなくて、どーしても、見に来たくなるという戦略だ。考えたぜ。

この柄のポスターは、人気なさそうだわぁ。

やっぱ、あれだよなぁ。

もう少し、小さいのを作りたいよなあ。

SMとか、F3ぐらいのサイズだと、額も安いし、売りやすいもんなあ。

すぐ描けるし。(→左のは1時間位)

F4カンバスよりも小さいカンバスの方が、値段が高いっていうのが納得できないんだよねぇ。

うーむ。世の中には謎が多い。

あと一ヶ月かぁ。あれだよねぇ。急いで描かないと、乾かないよなあ。

アタシの作品は厚塗りだから、完全乾燥は、もう、間に合わないかもなあ。

ということで、まさかいないと思いますけど、欲しい絵がある方は、今のうちにご予約・お買い上げ下さい。

後から送るの面倒な上に、展示する作品もイッパイあるので、展示即売にしちゃうと思います。

よろしくですぅ。

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.