◆◆◆ 013★町内でスケッチする男あり ◆◆◆

2003.8.12

ご挨拶状作り。

帰国したときに、みなさまに、まだご挨拶状を出していなかった。

理由は、アトリエが完成したら、どうせ、ご案内を出さねばならないので、一度で済まそうとい、手抜き的理由である。

ご挨拶状は、バリ島のマクロ(唯一の会員制巨大スーパー)で処分品として、普通でも格安価格が、更に安く売られていた便箋を使う。

大量に買っていたのだが、捨てるのも難なので、船便で持ってきたのであった。日本で買ったら高いもんなあ。役に立ってヨカッタわぁ。

封筒の宛名をどうしようかと考えて、結局、シール式の用紙に印刷し、封筒に貼り付けようと考えたアタシ。

インクジェットにはあまり慣れていないからなあ。キャノンのインクジェットは、OHP系の用紙には向かないことは理解できた。アルプスのマイクロドライプリンタの美しさが懐かしい。まあいい。封筒の差出人名なんて、誰だか解れば、それでいいだろう。(諦)

それにしたって、もうすこしキレイに印刷できてもいーような気がするなあ。

結局午前中は、挨拶状の印刷やら、封筒詰めで終わってしまう。

運良く、早朝に、頼んでいたコーヒー豆二キロが自宅に届く。

今回買ったのは、気に入っているジグリ、スマトラマンデリン、コロンビア、キリマンジャロ。

ジグリは、ちと高い気もするけど、近くの小売店なんかで焙煎した豆を買うことを考えると、圧倒的に安い。スっとした口当たりは、ヤミつきになる旨さである。

ぐるめコーヒー倶楽部さんは、3000円以上お買い上げで、送料無料も、郵便局の振り替え用紙が入っていて、入金手数料先方負担も、ウレシイサービスで、また買おうと思ってしまうオジャラ。

郵便局に、早速お代金を振り込みに行く。

台風などで壊れそうなのは、ウチと同じ感じ。

郵便局経由で、アトリエに向かう。いつもは通らないコースである。

こちらの道には、同じ町内だというのに、テレビで特番を組まれたこともある、大物女流画家というのが住んでいて、近所では、有名なお宅がある。

昔の蔵を改造して、アトリエ兼自宅にしているのだそうだ。テレビに出たときには、視聴者が家を訪ねてくることもあって、結構、賑わったらしい。

知らない人に突然来られても、怖いだけだけどな・・・・。

彼女の家は、とても目立つので、(古いから)アタシは、せめて、写真の一枚でも撮影しようと、彼女の家の前当たりまで、歩いていくと、おお。そこに、彼女の絵を描いているオヤジあり。

当然に、スケッチブックを覗き込むオジャラ。

『おおっ。上手いぜ。』

彼の絵は、コンテで描かれていて、とても力強く、美しい絵であった。

プロの絵描きさんなのかと思い、他の作品も見せてもらう。ペンを使って描いているのは、いいなと思う。書き直しがきかないから、絵に勢いや緊張感がでて、練習になるからである。

それにしたって、風景画はいいなあ。

アタシが絵を丁寧に見ていたせいか、何で描いているのか質問したりしたせいか、話は思いのほか多方面に渡り、その後、アタシも近くにアトリエがある話になり、彼は、アタシの絵も見たいなどと言い出すのであった。

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.