*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

006●ネットで買っても大丈夫?

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

アタシは、自分の作品のレベルを向上させるために、何点か銅版画の作品を、ネットオークションで買っています。

安いですから。

ホンモノかどうか心配?

そりゃ、そうですよ。安いんですから。ハイリスクなんです。

でもね、安いから、仕方ないという諦めがつく範囲の値段で

買えたのなら、まあいいじゃないですか。ニセでもね。

根性決めて買ってますよ。ええ。

予算は上限2万円と決めて、騙されても後悔しないという範囲で買っています。

ちなみに、五枚買いましたけどね。全部ホンモノでした。

アタシがネットで買っている作品というのはね、実は、全部銅版画なんです。

他の作品には手は出しません。

理由はね、銅版画は、実物かそうでないか、作家本人が作ったのかどうかが、

比較的解りやすいのです。

他の版画はダメですね。

自分で木版やリトなんかを作っていても、パソコンでは、全く判断つかないです。

特に、シルクスクリーンとオフセット印刷の差がわかりにくいですね。

直筆サイン入りの作品を、サインごと印刷したポスターだって無いわけじゃないような

気もしますね。

実物見たって、リトグラフかシルクスクリーンなのかも判断できないんです。

それは、画廊でもそういう場合があります。

初心者のアナタの場合、更にその中に、オフセットの印刷物が混じっていても、解らない場合もあるんです。

アタシにも、アナタにも、ホンモノかどうか見分けが付かない品を、ネットで買うのはやめましょう。

『複製画』だと、解っていて、お値段が安ければ構わないのですよ。

自分が、後悔しない範囲で、ホンモノだと解る範囲で買うというのが

ネットオークションの正しい使い方だと思います。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

もし、買うのだとしたら

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

上限の予算を決めておきましょう。

ニセでも笑える額の範囲で落札できて、それがホンモノならラッキーじゃないですか。

ネットオークションでアートを販売している人は、大きく分けて4タイプあります。

一つは画廊、

もう一つは、収集家本人、

もう一つは、家族の所有物など、不要なアート

画家本人

画家本人が販売している場合、ものすごく安い場合もありますね。

まあ、気に入って、値段も折り合うのであれば、いいんじゃないかと思います。

でも、アタシはオークションでは売りません。

販売開始額をものすごく安く設定しても、売れなかったら、ショックですし、

販売が乱れてしまいます。

結局自分の作品を叩き売ることになってしまい、それがいいことなのかどうか解らないのです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

アーティストのHPから、メールを出してみる。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

アタシのオススメは、例えば版画でも、アーティストが、自分のサイトを持ち、

そこで販売している品を直接買うというのがいいと思います。

アーティスト本人から作品を買うのが一番安いからです。

そういう作家さんたちは、実は沢山います。

多くのHPをもっている作家さんたちは、絵をネットでも販売したいと考えています。

イロイロと制約があり、販売について明記していないサイトも多いのです。

飾りたい、●万円程度なら、買ってもいいという作品を見つけたら、

気軽にメールして、値段の問い合わせてみるのが一番だと思います。

でもまあ、実物と、物凄い差があるということが無いわけじゃありません。

一番いいのは、作品を直接みて買うことだと思います。

初心者は、実物を見ずにアートを買ってはいけません。

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.