*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

004●絵は『どこ』で販売されているの?

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

絵は、『画廊』で売っています。

銀座の裏道なんかを歩いていると、画廊があるじゃないですか。

入りにくい?

まあ、慣れですよね。画廊にも、イロイロあってね。

ハッキリ言って、ボッタクリ系もありますね。

それは、飲み屋でも、お姉さんのキレイ度と、お値段が比例しているとか、

そういう感覚に近いっす。そういうところもあるってことっす。

慣れてしまえば、どうということはありません。

マジメにいい筋のアートを扱っている画廊さんの方が多いです。

ミニスカボリス系画廊は、とりあえず避けておきましょう。

今回は、絵を買うコツみたいの、ご紹介しようと思います。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

普段から、見て歩く

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

やっぱ、買う前には、イロイロ見て、相場とか、そういうのを自分なり掴むというところから始めます。

ブランドバッグだって、そうでしょう。

シャネルも、プラダも、ビトンも、エルメスも回って、どれも、この程度で●万かぁ。

などと、まず、値段に対しての覚悟というのをします。

そんで、この形のバッグを、予算は5万くらいでなんとか手に入れたいと、

予算を決定したアナタは、今度は、ネットで探したり、オークションを覗いたり、パリの本店まで

行ってみたりするでしょう。

アートを買うって、そういうのに近いっすね。

バッグのように、モノを入れて持ち運んだりはできないですけどね、

ヘソ繰りくらいは、隠せます。(→隠してないけど)

ですから、『アート初心者だ』と名乗るアナタは、まず、絵の値段の相場というのを調べましょう。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

どこで調べるのか?

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

そうですね。まあ、三越とか、高島屋とかの、ギャラリーにまず行ってみたらどうでしょうかね?

あ、大切なことは、ここで買ってはいけません。

モノには相場というのがあるんです。

デパートは、高いと決まっているんです。

ですからね、デパートで絵を買ってはいけません。

デパートの画廊のいい所はね、値段が見やすいところについていることが多いのです。

無料で入れるギャラリーに、ちょろちょろと入ってゆきましょう。

そんで、『まあ、高いのねー。』『こっ、これが、18万円!』などと、驚きながら退散しましょう。

庶民のフツーの感覚だと思います。

アタシの調査によれば、最近では、有名作家さんのシルクスクリーンとか、リトグラフなんかは、

デパート価格は25-60万前後しますけどね。

場所にもよりますし、画廊にもよります。

初心者は、ここで買ってはいけません。

大事なのは、品物と値段をキチンと見ることです。

油絵が、いくらで売られているのか。

版画が、いくらで売られているのか。額つきなのか、シート(額なし)なのか。

シートの場合は、額はいくらなのか。

有名な人なのに、安いときは、ダイヤモンドスクリーンなどという、

新しい方法で印刷した品かも知れません。知らないで、買わされること多いっす。

最初の号を思い出しましょう。

『アートの価値は、存在枚数と耐久性』です。

ダイヤモンドスクリーンなどと言っても、オフセット印刷よりも、多少キレイという程度なのです。

印刷枚数が800枚と書かれていたって、ホントかどうか知っているのは、画廊だけなんです。

それでも、お値段が、額付き2万8千円なので、気に入ったから買う。

というのは○です。

でも、『お値段が35万円』ということだってあるのです。

それは、アナタが、ダイヤモンドスクリーンに対する知識がなくて、オフセットとあまり変わらないということを

知らないからそうなるんです。

知らない技法で作られた作品は、とりあえず、購入を保留にして、自分で調べてから買うというのが

正しい購入方法です。

『これしかない?』と言われた?

800枚もあるんですから、どっかにはありますし、取り寄せてもらうことだって出来るんです。

価格の相場が解らないまま、画廊の言い値でアートを買うなと言っているんです。

アタシは、この前、『何でも鑑定団』で、ルイ・イカールの銅版画が鑑定されていたときに、値段を

ほぼ言い当てました。

作品には、相場というのがあってね、それは、『作家の知名度』と、『作品の画材』

によって、ある程度流通価格が決まっているモノなんです。

ですから、失敗したくないのであれば、アナタも、『相場観』をもつことが大切なんです。

調査に行っているんですからね。

値段にビビって退散するのではいけません。

シッカリと、チェックするのがポイントです。どうせ買わないのですし。

ここで大事なのは、デパート価格の半額位で買うことを目標にするということです。

そのためにも、品物をシッカリ見ておきます。

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.